語学が堪能でもビジネスの世界で通用しないことも。ビジネス英語は経験を積んで身につけていきたいです。

可能性が広がるビジネス英語を習得しよう

語学のなかでもビジネス英語は特殊です

私はイギリスに一年間だけですが留学したことがあります。
日常会話と大学で使われるアカデミックな英語はなんとかわかるようになり、イギリスの学校を卒業した後で会社に就職したのですが、そこの上司がアメリカ人でした。
日常会話やアカデミック英語や、テレビのニュースで聞く英語がわかる程度ではビジネスの世界では歯がたたないことがわかりました。
ビジネス英語ってちょっと特殊ですよね。で、会社勤めをしながら、ラジオなどでビジネス英語を勉強したことがあります。
最初は、意味がよくわからなくって、英語はまあまあはなせると思っていたのにちょっとショックを受けました。
でも、そのうちになんとなくわかるようになりました。

ビジネスに必要な語学力というのは、日本語もそうですが、やっぱり経験がないとわからないですよね。
例えば、大学を卒業したばかりの日本人が日本の会社に入社しても、会社で使われる言葉やニュアンスがわからないのと同じように、ビジネス英語だって実際にその場に身を置いてみないとわからないものです。

何事も経験、経験。もちろん、将来のためにビジネス英語をデスクの上で勉強しておくのもよいのですが、オンザジョブが一番。それができない環境ならば、どんな語学であっても対面で話す練習をしておくと緊張することがなくなっていいかなと思います。
語学のテクニックが上達しても、会話の中身が最後には勝負になりますので、中身を磨いておくことももちろん大切だとは思いますよ。

Copyright (C)2017可能性が広がるビジネス英語を習得しよう.All rights reserved.